×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

THE『マスコミ就職』。業界内部への潜り込み方と年収を明かす・・。マスコミ志願者は求人募集情報を見る前に必読!

マスコミ就職・業界への潜り込み方! マスコミ就職希望者・業界内部に潜り込みたい人必見!求人募集を見る前に!
   リクナビNEXT
   マスコミ就職目指すなら
    まずはエントリー
テレビ業界 マスコミ就職・年収大公開

  『ディレクター』とは?ディレクター求人募集を見る前に必読

 ディレクターとはテレビ番組制作の現場における総責任者。

 ディレクターには台本を書いたり企画を考えたりするという仕事もあるが、一番力を発揮しなければならない場面はもちろん制作現場での仕切りと演出。

 さらには編集にも立ち会って徹夜で泊り込みと言うこともしばしば。現場ではカメラ・音声・照明など各スタッフをまとめて進行していく。

 しばし罵声がこだまするといったことも・・・。あるといえばある。

 欲しい画を押さえて的確な指示を出してそして・・・腕を組む。

  『ディレクター』になるためには?

 ディレクターにはテレビ局所属の人と制作会社所属の人がいます。

 ディレクターになるためにはテレビ局所属の場合はほぼ例外なく4年制の大学卒業が必須。テレビ局に入社後はADなどを歴任してからなるというパターンが多い。テレビ局所属のADだからと言って外部のADと別扱いは全くなく下積みは大変だ。しかしテレビ局所属のADの場合は外部のADに比べて出世するスピードも違えば給料も違う。

 制作会社所属のディレクターになるためには、まずはADとして制作会社に入社して長い下積みをしなければならない。

 制作会社のADは基本的に常に需要があり、裏を返せば常に人手不足ともいえる。なぜなら人の出入りがめちゃくちゃ激しいからである。

 辛いことも多い。そして出生してディレクターになるためには個人差がかなりある。早い人で2年くらい、遅い人だと6,7年という人もいる。

 とにかく制作会社所属のディレクターになるためにはかなりの経験が必要です。

  『ディレクター』の年収

  年収
  『800万円程度』 (出生した場合)



 --どうすればマスコミに就職できるか?編集人が選ぶマスコミ系求人充実サイト--

  ■マスコミ就職・転職を目指すなら、エントリーしておけば断然有利な「リクナビNEXT」を利用するといいです。求人案件の数が断然多いから一番オススメです!

  □自分で求人に応募するより確実なのは、転職コンサルタントサービスを利用すること。今CMで話題のリクルートエージェントなら無料でプロのコンサルタントが日程調整や条件交渉、就職までをサポートしてくれるので一番良いところへ転職し易いです。

  また、マスコミ・クリエイティブ系の求人が豊富なのが、非公開求人が魅力の転職の新サービス【DODA】です。多くのサイトを利用し、エントリーしておくだけでも、スカウトされる可能性が高くなるほか、いい条件の情報を見つけることができるはずです。

  派遣、とりわけマスコミ派遣で探す場合は、リクナビ派遣マスコミが業界トップの情報量!

  マスコミアルバイトなら、有名サイトのWeb anたちよみフロム・エーが充実しています。他には就職関連の求人もあります。


  『私のおすすめ』
 自分で探すなら⇒ リクナビNEXT サポート・好条件なら⇒ リクルートエージェント

 
マスコミ就職・フリーランス年収公開
プロデューサー
AP
ディレクター
AD
カメラマン
放送作家
リサーチャー
編成
広報
タイムキーパー
技術
音声
デスク
美術
大道具・小道具
衣装・メイク
車両
マスコミ就職リンク

リクナビNEXT
リクルートエージェント
リクナビ派遣マスコミ
転職のDODA
Web an
フロム・エー



ラジオ業界
プロデューサー
ディレクター
AD
構成作家
DJ
ミキサー
編成
選曲
広報
マスコミ就職
PR


マスコミ就職ページの上へ
copyright2006  『マスコミ就職』 All right reserved.